いろいろなプラセンタ

プラセンタについての色々な情報を集めてみました

人間のプラセンタ

ヒトプラセンタは、その名の通り、人間から人から集めるプラセンタです。プラセンタは主に馬や豚が利用されますが、医療用には人のプラセンタが使用されていることが少なくありません。

妊婦さんがプラセンタを提供してくれる場合は、様々なチェックが行われます。病気に関することは細かいところまで一通りチェックが必要となり、病気の有無はもちろんのこと、海外渡航の経験等まで、細微に渡り確認事項があります。それに通過できて初めてプラセンタは摂取され、すぐに感染症を防ぐために熱処理や様々な殺菌・滅菌技術で安全を確保するのです。

日本では薬事法によって明確なラインがあるのと、厚生労働省の認可により、ヒトプラセンタは注射以外の製品に用いることはできません。加工してサプリメント等にはできないというわけです。注射液精製の際も、拒絶反応ができるだけ出ないように考慮されており、さらに有効成分も損なわれないようにされています。 

人プラセンタが利用されているものとしては、更年期障害や乳汁分泌不全を改善する薬として、認可を受けているメルスモンと、肝臓に関する病気の治療薬として認可を受けているラエンネックの2種類があります。どちらも厚生労働省の認可のもと、注射することが許可されているので、安全に注射を受けることができます。

プラセンタは、美容の面・健康の面共に役に立っています。プラセンタ治療は、多くの効果が見込まれており、内服薬や注射薬として多くの医療機関で使われています。 こんなに普及しているからこそ、今一度理解を深めておき、使用の際には納得のいく形で行うことをお勧めします。