いろいろなプラセンタ

プラセンタについての色々な情報を集めてみました

豚プラセンタ

プラセンタの化粧品の原材料として、豚のプラセンタがよく利用されています。 医薬品に使用されているものは全て人のプラセンタで、豚や馬、羊のプラセンタが一般的です。牛も今までは使われていましたが、狂牛病の一件から、あまり見かけなくなりました。

市販されているプラセンタの成分表示の所に「プラセンタ(P)」と書かれているのは、豚 (Pig)由来のプラセンタである事を明確にしているという意味です。こういう表記をしてある方が、はっきりとわかり、安心して使用することができるので、成分表示も目を通す癖をつけると良いかもしれません。

プラセンタは原材料の段階で比較すると、豚のプラセンタよりも人のプラセンタの方が有効成分が多いのですが、製品にする段階で、人のプラセンタの有効成分が多く失われてしまい、プラセンタの製品加工後は、結果として、豚のプラセンタの方が有効成分の残留率が高いのです。

プラセンタをサプリメントや服用薬として摂取する場合は、プラセンタ注射・点滴とは違って、体内に注入するわけではありません。プラセンタ経由で何らかの病気の原因が摂取した人の体に入り込むことは、かなり低い可能性だといえるでしょう。寧ろ、普段スーパー等で売られている食肉の方が、生として加工されていない分、リスクが高いかもしれません。

心配なことは、専門家や医師に相談し、悩みのない状態でプラセンタの服用、サプリメントの飲用を開始することが、一番だと思います。自分の使いたいプラセンタや期待したい効果をもう一度見定め、自分に合ったものを選んでください。