いろいろなプラセンタ

プラセンタについての色々な情報を集めてみました

植物性プラセンタ

プラセンタは動物の胎盤が原料となりますが、植物に胎盤はありません。植物性プラセンタというのは、名前の通り植物から抽出されています。簡単に行ってしまうと水溶液と同義となっており、胎盤エキスとは違う物質です。動物由来のプラセンタの代替品として、植物性プラセンタが登場したようです。プラセンタと植物プラセンタは全く同じ成分ではないので、名前だけを信じ込むと、あとでおかしなことになります。

しかし植物性プラセンタにも、アミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。植物性プラセンタは、大豆由来のイソフラボンが配合されたものや、アセロラ・アロエベラ・ カッコン・ クロレラから抽出したエキスを植物エキスを混合し配合したものが該当しているようです。

特にアセロラの胚から抽出した水溶液は、仕組み的に見れば成長因子が牛プラセンタと同じ働きをしています。皮膚組織の繊維芽細胞の増殖実験では、牛のプラセンタよりも優れた結果が出たという結果もあります。動物性のプラセンタと「部分的に働きが似ている」と考えられる物質が、植物性プラセンタと呼ばれ、出回っているということです。

植物プラセンタの美白効果は正式に認可されているわけではありませんが、美容成分による美容効果は十二分に期待できると言われています。

植物性プラセンタと呼ばれている物質が明確になっていないのもあり、製品によっては曖昧な状態で、「植物性プラセンタを、本物のプラセンタと同じように記載」している場合があるので、注意が必要です。