いろいろなプラセンタ

プラセンタについての色々な情報を集めてみました

胎盤の仕組み

プラセンタは胎盤のことを指します。 胎盤は、母親側から作られる膜と胎児側にある部分から構成されていて、赤ちゃんを育てるゆりかごのような仕組みになっています。形態は動物種によって違っていて、馬や豚などにみられる散在性胎盤、牛などの反芻類にみられる多胎盤、食肉類にみられる帯状胎盤、ヒトなどにみられる盤状胎盤に分類されています。

産後、羊膜等と共に胎盤を食べる動物は多く存在しています。理由は、単純に栄養補給として食べる、血の臭いを消すことにより捕食者に狙われにくくする、など色々な見解があります。

ヒトの場合でも、日本ではあまりメジャーではありませんが、健康に良いという理由から、産婦の方やその家族が胎盤を食べるといった文化がある地域も存在しています。 日本では、アンチエイジングや肝機能の改善、更年期障害の改善として、美容面・医療面に胎盤が利用されることがありますが、嫌悪感を緩和する目的のためか、日本語で胎盤と書かずに、英語でプラセンタと表記されていることが非常に多くあります。

安全性については、医療用の注射薬は、厚生労働省の認可が下りており、副作用もなく安全とされています。正式に医療用として認可が下りた薬は2種類あり、更年期障害を改善する薬として認可を受けているメルスモン、肝臓に関する病気の治療薬として認可を受けているラエンネックです。

ヒトの胎盤が特定生物由来製品であることから、ヒトの胎盤を使用する際には義務が多くあり、ヒトの胎盤を製品として使用することが、不可能となります。プラセンタドリンクやサプリメントに用いられている胎盤は、ヒトから豚や馬などに移り変わりつつあります。

美・皇潤 5日間集中トライアルセット

ライフメディア